MENU

AGAスキンクリニックのベーシックプラン

AGAスキンクリニックのオリジナルプランとベーシックプランの比較ですが、まずはベーシックプランの内容は国内承認薬を使用して行います。

 

国内承認薬の種類はプロペシアザガーロジェネリック医薬品フィナステリド錠1ミリグラムファイザーの3種類になります。AGA処方薬としてはベーシックなものですね。

 

ベーシックプランのメイン処方薬であプロペシアは日本の厚生労働省から認可を受けているAGA処方薬になります。
薄毛や抜け毛の原因を改善させる効果を期待することが出来ます。

ザガーロはプロペシアに続いて厚生労働省から認可されている治療薬になります。

◇ジェネリック医薬品フィナステリド錠1ミリグラムファイザーはプロペシアと同様のフィナステリドのジェネリック薬品になりますので、治療費を抑えたい人におすすめです。

 

ジェネリック医薬品とは、新薬の特許期間が過ぎたあと、新薬の有効成分や効き目や品質や安全性が同じであることを条件に、国が承認した薬のことをいいます。

 

ジェネリックとは後発医薬品という意味を持っています。ジェネリック医薬品は新薬よりも価格が低いので、自らの判断でジェネリック薬を選択することも可能です。

 

ベーシックプランで使用する薬の費用ですが、

  • プロペシアは初回は4,200円、2回目以降は7,000円です。
  • ザガーロは初回は4,800円、2回目以降は8,200円です。
  • ジェネリック医薬品フィナステリド錠1ミリグラムファイザーは初回は4,200円、2回目以降は6,000円になります。

 

ベーシックプランでは費用を抑えた内容となっており、育毛剤で効果の出なかった方が試してみるのに最適です。
そのほかにかかる費用としては初診料が別途必要になります。

 

無料カウンセリングの内容はコチラ

 

 

AGAスキンクリニックのオリジナルプラン

オリジナルプランですが、AGAスキンクリニックのオリジナル発毛薬である「Rebirth(リバース)」を使用する治療内容になっています。

 

オリジナル発毛薬のRebirthは、5αリダクターゼという還元酵素のはたらきをブロックする作用があり、テストステロンがジヒドロテストステロンへ変換されるのを阻害することにより、薄毛は抜け毛の原因をブロックしてくれる効果を期待することが可能です。
Rebirthの主成分はフィナステリドとミノキシジルで構成されていて、この2つの成分は発毛効果のある成分です。
そのほかにはアミノ酸、ビタミンなどを配合しており、髪の毛に栄養を与えて作り上げた画期的なオリジナルの発毛剤です。

 

AGAスキンクリニックでしか、この治療を受けることは出来ません。

  • 内服薬の費用は1ヶ月あたり14,000円から21,000円です。
  • 外用薬は1ヶ月あたり14,000円になります。

どちらの治療法も自分の状態と相談して選択することが可能です。

 

オリジナルプランでは、多少の費用はかかっても確実に発毛させたい方に適していると言えます。またメソセラピーの「Dr’sメソ」を併用することで短期間で効果を得られるので、短期間で発毛を実感したい方はオリジナルプランを選ぶべきです。

 

 

無料カウンセリングの内容はコチラ

 

AGAスキンクリニックの費用の詳細