MENU

プロペシアの副作用記事一覧

飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアは、アメリカで開発された抗アンドロゲン薬で、男性ホルモンのテストステロンと結合してDHTに変化する5α還元酵素の活性を阻害します。DHTは、ヘアサイクルを狂わせるという作用があるので、この物質の生産を抑制することにより、髪の毛の成長が正常な状態に回復します。2,005年に厚生労働省が承認する際に実施した臨床試験では、被験者の98パーセントに不変以上の効果が確認さ...

プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いの?肝機能障害になりやすい人とは?プロペシアで肝機能障害にならないためにプロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いの?健康診断などで肝臓の数値(GPT・GOT・γ-GDPなど)が悪かった方がプロペシアを服用するのは大丈夫なのでしょうか?また脂肪肝の方がプロペシアを使用しても副作用は出ないのでしょう?プロペシアの副作用には、主に頭痛や腹痛、下痢や眠気といった...

プロペシアの副作用の中でも「初期脱毛」を心配している方が多くいられれるようですね。しかしながら、初期脱毛が起こることは悲観するようなことではなく、むしろ喜ぶべき症状なんですよ。「えっ、初期脱毛は良いことなの?」と思われたかもしれませんね。プロペシアを服用して起こる初期脱毛は、新たに髪の毛が生えてくる前に起こることで初期脱毛が起こったら「髪の毛が生えてくるのか!」と喜ぶことなんです。AGA(男性型脱...

薄毛に悩む方の中には、薄毛の治療薬としてプロペシアを服用する場合もあります。薄毛に対してある程度効果が期待できるため、治療薬としてはそれなりに知名度もあるプロペシアですが、副作用もあります。プロペシアを服用することで「うつ」の症状がでやすい傾向があります。これはプロペシアの働きにより男性ホルモンの量を抑えることになります。このことが原因でホルモンバランスが乱れて「うつ」の症状が出てしまうのです。ま...

プロペシアは経口タイプの男性型脱毛症の治療薬です。基本的には脱毛を予防して毛髪を強くする効果があり、臨床試験においても服用者の多くが発毛効果が認められていますが、元々は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として利用されていました。プロペシアの成分には「フィナステリド」が含まれていて、男性型脱毛症の原因と言われる「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制することで抜け毛や薄毛を防ぎ、発毛周期を正常化させるので...

プロペシアとはフィナステリドを主成分とした男性用脱毛症の薬です。フィナステリドとは脱毛の原因であるジヒドロテストステロン(DHT)の働きを抑制し、男性脱毛症を防止する効果があります。正確には男性ホルモンであるテストステロンが5α-還元酵素という変換酵素の働きによってDHTが生成されるため、その5α‐還元酵素を阻害することでDHTを生成できなくし、脱毛を抑制します。そんな脱毛症を心配される方は年配の...

AGA治療ではプロペシアと呼ばれる飲み薬を利用する治療法です。飲み薬によって頭の薄毛の問題にアプローチすると言う新しい試みが多くの人の注目を集めることになりました。この治療は男性型脱毛症と呼ばれる抜け毛のメカニズムを解明することによってうまれた治療技術であり、この症状の改善のために効き目を発揮するという特徴を持っています。したがってプロペシアの効果というのは抜け毛の予防なのです。いわゆる毛生え薬の...

プロペシアは、男性型脱毛症の治療薬として医療機関で処方される薬です。男性型脱毛症は、男性に多い脱毛症の種類で頭頂部と生え際が薄くなるのが特徴の薄毛です。男性型脱毛症はこれまで育毛剤を付けたりマッサージをするくらいしか対処法がありませんでしたが、男性型脱毛症の治療を医療機関で行うようになってからは飛躍的に薄毛を治療する効果がアップし、薄毛に悩まされる男性が減少しました。男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ...

プロペシアはフィナステリドを主成分としたもので、男性型脱毛症であるAGAの治療薬として使用されることの多い薬です。AGA(男性型脱毛症)は遺伝や男性ホルモン、生活習慣、食生活などが原因として起こることが分かっています。プロペシアは、このうち男性ホルモンが原因で起こる脱毛症を抑えるのに有効で、抜け毛を防止する役割があります。<一口メモ>同じように、AGAの治療薬としてミノキシジルがありますが、ミノキ...