プロペシア 勃起不全

プロペシアで勃起不全の可能性は?

プロペシアは経口タイプの男性型脱毛症の治療薬です。

 

 

基本的には脱毛を予防して毛髪を強くする効果があり、臨床試験においても服用者の多くが発毛効果が認められていますが、元々は前立腺肥大や前立腺がんの治療薬として利用されていました。

 

プロペシアの成分には「フィナステリド」が含まれていて、男性型脱毛症の原因と言われる「ジヒドロテストステロン」の生成を抑制することで抜け毛や薄毛を防ぎ、発毛周期を正常化させるのです。

 

 

発毛育毛に効果の高いプロペシアですが、服用に際して様々な副作用があることが報告されています。

 

 

頭痛や腹痛、吐き気や下痢、眠気といった医薬品にありがちな副作用の他に胃の不快感や頻尿と言った消化器系の副作用などもあります。これらの中でも最も多くみられるのが男性機能の低下いわゆる勃起不全や精力減退です。

 

 

プロペシアは男性ホルモンに作用する事はないため、一見すると男性機能への影響はないように思えますが、フィナステリドが生成を抑制しているジヒドロテストステロンが、男性の生殖機能に大きく関係していることが考えられます。

 

 

勃起不全などの副作用が出た場合には、服用をやめれば改善されると考えがちですが、フィナステリドの場合は服用を中止しても副作用が続くというケースがります。特に勃起不全や射精障害など男性機能に関するものが多いので、プロペシアを服用する際は副作用のリスクを知っておくべきでしょう。

 

 

また、当然服用を中断してしまえばジヒドロテストステロンが生成されるので抜け毛や薄毛の進行を抑えることはできなくなります。

 

 

様々な副作用を引き侵す可能性はありますが、男性型脱毛症に対しては高い効果が証明されているのでメリットとデメリットをしっかり把握して服用する事をお勧めします。

 

 

入手方法にしても個人輸入の商品は安価で手に入れることはできますが、副作用のリスクが高くなり、また医師の処方によるものでも絶対に安全とは言い切れないのです。

プロペシアの副作用:精子減少

AGAの治療薬として知られるプロペシア、薄毛に悩む男性の方の中には使用している方もいるでしょう。ですが、プロペシアにもいくつかの副作用があるため、使用する場合には理解をしてから使用することが大切です。

 

 

副作用の一つとして精子減少が挙げられます。プロペシアに含まれる成分の一つによって、精子減少の副作用が引き起こされるため、薄毛の治療としては有効かもしれませんが、生活状況によっては、服用を控えるということも大切です。

 

 

生活状況によっては子作りを考えているということもあります。そのような状況の時にプロペシアを服用し、精子が減少している状態では、妊娠の確率などもかなり低くなってしまうこともあります。子作りを考えるなら夫婦でよく話し合い、状況によっては、プロペシアの服用を止めるという選択をすることも大切です。

 

 

薄毛の原因は、さまざまなものが考えられますが、生活習慣やストレスなどが原因になることもあります。また、子作りをするなら夫婦とも健康を意識した生活をすることも必要です。自分の健康を維持するため、また、薄毛の原因の対策としても生活習慣の改善をしていくことや精神面の安定を図るということは大切なことです。

 

 

薄毛治療としてプロペシアに頼るのも一つの手段ではありますが、自分の体のためにも、薬に頼る生活をするよりも、ある程度、自分の生活そのものを改善していくことで、健康、そして薄毛を防ぐために生活習慣の改善を心がけていくことも必要です。

 

 

薬というものは、副作用があるため、自分の体にとってかなりの影響がでることもあります。薄毛を治療したいという気持ちがあるにしても、服用することでどのような副作用があるのかをよく考えることは必要です。

 

 

薄毛の状態を改善することを優先するか、自身の体の健康を考えるか、自分なりによく考えてから服用することを決めることも大切です。特に、子作りにおいては夫婦でよく話し合ってから結論を出しましょう。"

プロペシアの副作用:射精障害

男性の多くにとって薄毛の発症はとても辛さを感じるものです。特に若い世代の人がこれを抱えると、外見が大きく変容してしまうことから自分に自信が持てなくなったり、相手と接する際に引っ込み思案になってしまうなど様々な支障をきたすことも多いもの。

 

 

それらは仕事面でも大いに影響することがありえます。これらの症状はできるだけ早急に手を打つことによって改善の見込みがあります。手遅れになる前に適切な対処法にて薄毛治療を進めていくのが望ましいでしょう。

 

 

とりわけ最近、薄毛の原因として注目を集めるのがAGAと言う病気です。これは男性ホルモンと頭皮の特殊な酵素が反応することで頭髪の成長を阻害する物質が分泌されてしまうという症状のこと。これを改善し、頭髪を元の健康的な状態へと戻すには病院機関での適切な治療が欠かせません。そこで多くの場合に用いられるのがプロペシアという錠剤です。

 

 

このプロペシアにはAGAの症状を改善する特効薬と言われるフィナステリドという成分が含まれており、それを製品化したプロペシアは日本で最も利用されている特効薬と言えるでしょう。

 

 

これを服用すると頭皮にある特殊な酵素の働きを抑制することができますので、これらが男性ホルモンと相まって頭髪の成長を阻害する物質を作り出す分量を抑制することが可能となります。こうやって次第に頭髪を正常な成長サイクルへと戻すことができるのです。

 

 

ただしプロペシアを服用する際には副作用への注意も必要です。プロペシアを飲み続けると次第に男性ホルモンへの影響が及び、これらから派生する様々な症状が出てくる可能性があります。例えば性欲減退などもその典型的なパターンですが、それに関連して射精障害などの症状が生じることもあります。

 

 

そのため、もしも新婚間もないご夫婦間などで性生活に支障をきたすかもしれない場合には、事前に薄毛治療についてじっくりと話し合った上で結論を出されることが重要です。また、これらの副作用に関しても医師などとしっかりと話し合った上で今後の治療方針などを策定していくことが求められます。"

関連ページ

プロペシア@副作用の発生率は高いのか?
プロペシアには、いろいろな副作用が出る可能性があると言われていますが、副作用の発生率は高いのでしょうか?AGA・薄毛治療の効果は高いけれど、副作用の危険性も高ければ使用することはできませんね。こちらのページでは、プロペシアの副作用の発生率について解説しています。
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのか?
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのでしょうか?お酒を飲む方や脂肪肝の方は不安ですよね?健康診断などで肝臓の数値(GPT・GOT・γ-GTPなど)の悪い方でプロペシアを服用しようと考えいる方は注意が必要です。
プロペシアで初期脱毛は起こるのか?その真実は?
プロペシアの副作用として初期脱毛を心配している方が多いようですが、本当に初期脱毛は起こるのでしょうか?また初期脱毛は心配するべきことなのでしょうか?こちらのページではプロペシアの副作用の中で初期脱毛について解説しています。
プロペシアとうつの関係@副作用はホルモンバランスの乱れから
プロペシアの副作用で「うつ」になるのでしょうか?プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する作用がありますが、このことが原因でホルモンバランスが乱れ、「うつ」の症状がでる方がいます。プロペシアは医師の指導に基づいて服用していれば副作用の出る可能性は低いです。
プロペシアと飲み合わせの悪い薬はあるの?@個人輸入は危険!
プロペシアとの見合わせの悪い薬はあるのでしょうか?現在、何らかの薬を服用している方であれば心配になることですよね。こちらのサイトでは、プロペシアの飲み合わせについて説明しています。より安心感を得たいのであればプロペシアを医師に処方してもらい相談することが一番です。個人輸入での購入は自己責任となるので注意しましょうね。
プロペシアの副作用で体毛が濃くなるの?薄くなるの?
プロペシアの副作用に「体毛が濃くなる」ということがあるのでしょうか?プロペシアはDHT(ジヒドロテステステロン)を作らせないようにする作用がありますが、体毛が濃くなるということはありません。男性ホルモンを抑制するのですから「体毛が薄くなる」ほうが適切なのかもしれないですね(笑)
ロペシアをやめた後も、生えた髪を維持することはできる?
プロペシアは治療後の髪の量を維持するために使いつづけるべきなのでしょうか?使い続けないとハゲてしまうのでしょうか?疑問に思うところですね。治療を始めた、どこで辞めてもよいのかをしっかりと判断するために理解しておきますようね。
プロペシアの危険性@アレルギーで顔に湿疹ができる?
プロペシアの副作用にアレルギーはあるのでしょうか?副作用の主なものに肝機能障害があります。性欲減退などもそうですね。顔にできる蕁麻疹や湿疹はアレルギーによるものですが、確率的には高くはありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ