プロペシア 副作用 発生率

プロペシア@副作用の発生率は高いのか?

飲む育毛剤とも呼ばれているプロペシアは、アメリカで開発された抗アンドロゲン薬で、男性ホルモンのテストステロンと結合してDHTに変化する5α還元酵素の活性を阻害します。DHTは、ヘアサイクルを狂わせるという作用があるので、この物質の生産を抑制することにより、髪の毛の成長が正常な状態に回復します。2,005年に厚生労働省が承認する際に実施した臨床試験では、被験者の98パーセントに不変以上の効果が確認されています。

 

なお、プロペシアが生産を抑制するDHTには、男性性器の成長をサポートするなど性機能に関連した役割を担っている物質です。このために、この生産を抑え込むことにより、性機能に関する不具合が発生するケースが起こり得ます。具体的には、性欲の減退や勃起不全、射精障害や精子の濃度や量の低下などです。ちなみに、臨床試験によるこれらの発生率はトータルで2.9パーセントで、プラセボ群との有意の差はありませんでした。

 

一方、プロペシアは妊娠又は妊娠している可能性のある女性や授乳中の女性の服用は禁止されています。これは、海外で実施された良質なランダム化比較試験により女性のAGAに対して効果がないことが確認されたことと共に、男性の胎児の性器の正常発育に悪影響を及ぼす副作用が生じる危険があるからです。

 

こちらの発生率についての数字は公表されていませんが、国内の医療機関では女性や未成年者に対してプロペシアが処方されることはありません。これは、未成熟な段階で服用した場合は、男性性器の成長が阻害される恐れがあるためです。

 

ちなみに、プロペシアは髪の毛に対して直接作用するわけではないので、毛根が機能を喪失するような段階にまで進行した場合は回復させることは出来ません。このために、薄毛が発症してから10年が経過した場合は、プロペシアを服用しても顕著な効果を得られない可能性が大です。ただし、10代前半に発症するのは極めて稀なので、20歳以降に服用しても手遅れになることはありません。

 

関連ページ

プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのか?
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのでしょうか?お酒を飲む方や脂肪肝の方は不安ですよね?健康診断などで肝臓の数値(GPT・GOT・γ-GTPなど)の悪い方でプロペシアを服用しようと考えいる方は注意が必要です。
プロペシアで初期脱毛は起こるのか?その真実は?
プロペシアの副作用として初期脱毛を心配している方が多いようですが、本当に初期脱毛は起こるのでしょうか?また初期脱毛は心配するべきことなのでしょうか?こちらのページではプロペシアの副作用の中で初期脱毛について解説しています。
プロペシアとうつの関係@副作用はホルモンバランスの乱れから
プロペシアの副作用で「うつ」になるのでしょうか?プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する作用がありますが、このことが原因でホルモンバランスが乱れ、「うつ」の症状がでる方がいます。プロペシアは医師の指導に基づいて服用していれば副作用の出る可能性は低いです。
プロペシアの副作用@勃起不全はあるの?精子減少や射精障害は?
プロペシアで勃起不全になったり、精子減少、射精障害などの副作用が出たりしないのか、子供の欲しいカップルには申告な悩みですよね。こちらのサイトでは、男性機能に関するプロペシアの副作用について説明しています。
プロペシアと飲み合わせの悪い薬はあるの?@個人輸入は危険!
プロペシアとの見合わせの悪い薬はあるのでしょうか?現在、何らかの薬を服用している方であれば心配になることですよね。こちらのサイトでは、プロペシアの飲み合わせについて説明しています。より安心感を得たいのであればプロペシアを医師に処方してもらい相談することが一番です。個人輸入での購入は自己責任となるので注意しましょうね。
プロペシアの副作用で体毛が濃くなるの?薄くなるの?
プロペシアの副作用に「体毛が濃くなる」ということがあるのでしょうか?プロペシアはDHT(ジヒドロテステステロン)を作らせないようにする作用がありますが、体毛が濃くなるということはありません。男性ホルモンを抑制するのですから「体毛が薄くなる」ほうが適切なのかもしれないですね(笑)
ロペシアをやめた後も、生えた髪を維持することはできる?
プロペシアは治療後の髪の量を維持するために使いつづけるべきなのでしょうか?使い続けないとハゲてしまうのでしょうか?疑問に思うところですね。治療を始めた、どこで辞めてもよいのかをしっかりと判断するために理解しておきますようね。
プロペシアの危険性@アレルギーで顔に湿疹ができる?
プロペシアの副作用にアレルギーはあるのでしょうか?副作用の主なものに肝機能障害があります。性欲減退などもそうですね。顔にできる蕁麻疹や湿疹はアレルギーによるものですが、確率的には高くはありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ