プロペシア 初期脱毛

プロペシアの初期脱毛

プロペシアの副作用の中でも「初期脱毛」を心配している方が多くいられれるようですね。しかしながら、初期脱毛が起こることは悲観するようなことではなく、むしろ喜ぶべき症状なんですよ。

 

 

「えっ、初期脱毛は良いことなの?」と思われたかもしれませんね。

 

 

プロペシアを服用して起こる初期脱毛は、新たに髪の毛が生えてくる前に起こることで初期脱毛が起こったら「髪の毛が生えてくるのか!」と喜ぶことなんです。

 

 

AGA(男性型脱症)の原因であるDHT(悪玉男性ホルモン)によって正常なヘアサイクルが乱れることで脱毛症が起こるのですが、プロペシアを服用することでヘアサイクルが正常に戻ります。この過程で脱毛することがあるんですね。ヘアサイクルの短くなっていた「成長期」が長くなり、長くなっていた「休止期」が短くなります。この過程で初期脱毛が起こることがあります。

 

 

このような理由から初期脱毛が起こったら「髪の毛が生える前兆」として不安になることはないんです。

 

 

また初期脱毛の起こる期間としては、プロペシアを服用し始めてから1か月から2か月の間に起こることが多いようです。また全ての人に初期脱毛が起こるわけではありませんよ。

プロペシアの効果とは?

若い人の中には20代前から頭髪が薄くなり、外見的にも大きな変容に苛まれる人が少なからず存在します。ある人は仕事のストレスや生活習慣の変化などからそのような症状に陥り、またある人は頭皮の衛生状態などから頭髪の成長サイクルが乱れることもあるでしょう。

 

また最近ではAGAという病気による抜け毛や薄毛にも注目が集まっており、もしもこれを発症していることが疑われた場合には育毛剤や頭皮ケアなどに時間をかけるのではなく、まずは医療機関を受診してしかるべき薄毛治療を行うのがベストと言われています。

 

そこで用いられるのがプロペシアという錠剤です。まずは血液検査や遺伝子検査などでAGAを発症していうかどうかを確かめた上で本格的な治療へと足を進めるわけですが、その過程でこのプロペシアを服用すると抜け毛、薄毛の原因とされている酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑えることができます。

 

この酵素(5αリダクターゼ)は男性ホルモン(テステステロン)に反応して頭髪の成長を阻害する強力な男性ホルモン(DHT)を作り出すのですが、プロペシアは酵素(5αリダクターゼ)の働きを抑制することで男性ホルモン(テステステロ)が強力な男性ホルモン(DHT)に変化することを抑制する働きがあります。

 

プロペシアの服用を続けていくと、これまで乱れていた頭髪の成長サイクルは少しずつ正常化し、最終的には全くAGAの症状に影響されない健康的な頭髪の状態を取り戻すことができます。

プロペシアの主な副作用

このように薄毛に悩んでいる人には特効薬ともいうべき効能をもたらすプロペシアですが、副作用が起こるリスクもあるので事前にしっかりと医師の診断を仰ぎ、もしも何らかの症状が出た際にはすぐに知らせて判断をこうことが求められます。その副作用としては性欲減退、勃起不全、射精障害、鬱、発疹などがほとんど。中にはそのまま放置しても差し支えない場合もありますが、医師の指導のもとで服用することが副作用を発症させないためには重要なことです。

 

 

プロペシアは自己責任のもとで個人輸入のできるサイトが存在しますが、副作用の危険性からお薦めはできません。個人輸入する方の大きな理由の一つは料金の安さにあります。

 

当サイトで紹介しているAGAスキンクリニックではプロペシアは4,200円〜購入することができます。副作用の中で最も怖い肝機能障害の可能性を検査するために血液検査も行っています。プロペシアはとても効果的な治療薬ですが、使用方法を間違えれると怖い薬にもなります。

 

安全を考えて検査を受けてから使用するようにしましょうね。

 

プロペシアを安全に服用するためには医師の処方に基づいて使用することが大切です。また、継続して使用するためには費用も重要な要素ですね。

 

AGAスキンクリニックでのプロペシア処方は業界でも最も低価格です。まずは無料のカウンセリングだけでも受けてみましょう。

関連ページ

プロペシア@副作用の発生率は高いのか?
プロペシアには、いろいろな副作用が出る可能性があると言われていますが、副作用の発生率は高いのでしょうか?AGA・薄毛治療の効果は高いけれど、副作用の危険性も高ければ使用することはできませんね。こちらのページでは、プロペシアの副作用の発生率について解説しています。
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのか?
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのでしょうか?お酒を飲む方や脂肪肝の方は不安ですよね?健康診断などで肝臓の数値(GPT・GOT・γ-GTPなど)の悪い方でプロペシアを服用しようと考えいる方は注意が必要です。
プロペシアとうつの関係@副作用はホルモンバランスの乱れから
プロペシアの副作用で「うつ」になるのでしょうか?プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する作用がありますが、このことが原因でホルモンバランスが乱れ、「うつ」の症状がでる方がいます。プロペシアは医師の指導に基づいて服用していれば副作用の出る可能性は低いです。
プロペシアの副作用@勃起不全はあるの?精子減少や射精障害は?
プロペシアで勃起不全になったり、精子減少、射精障害などの副作用が出たりしないのか、子供の欲しいカップルには申告な悩みですよね。こちらのサイトでは、男性機能に関するプロペシアの副作用について説明しています。
プロペシアと飲み合わせの悪い薬はあるの?@個人輸入は危険!
プロペシアとの見合わせの悪い薬はあるのでしょうか?現在、何らかの薬を服用している方であれば心配になることですよね。こちらのサイトでは、プロペシアの飲み合わせについて説明しています。より安心感を得たいのであればプロペシアを医師に処方してもらい相談することが一番です。個人輸入での購入は自己責任となるので注意しましょうね。
プロペシアの副作用で体毛が濃くなるの?薄くなるの?
プロペシアの副作用に「体毛が濃くなる」ということがあるのでしょうか?プロペシアはDHT(ジヒドロテステステロン)を作らせないようにする作用がありますが、体毛が濃くなるということはありません。男性ホルモンを抑制するのですから「体毛が薄くなる」ほうが適切なのかもしれないですね(笑)
ロペシアをやめた後も、生えた髪を維持することはできる?
プロペシアは治療後の髪の量を維持するために使いつづけるべきなのでしょうか?使い続けないとハゲてしまうのでしょうか?疑問に思うところですね。治療を始めた、どこで辞めてもよいのかをしっかりと判断するために理解しておきますようね。
プロペシアの危険性@アレルギーで顔に湿疹ができる?
プロペシアの副作用にアレルギーはあるのでしょうか?副作用の主なものに肝機能障害があります。性欲減退などもそうですね。顔にできる蕁麻疹や湿疹はアレルギーによるものですが、確率的には高くはありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ