プロペシア うつ

プロペシアの副作用@うつの関係

薄毛に悩む方の中には、薄毛の治療薬としてプロペシアを服用する場合もあります。薄毛に対してある程度効果が期待できるため、治療薬としてはそれなりに知名度もあるプロペシアですが、副作用もあります。

 

プロペシアを服用することで「うつ」の症状がでやすい傾向があります。これはプロペシアの働きにより男性ホルモンの量を抑えることになります。このことが原因でホルモンバランスが乱れて「うつ」の症状が出てしまうのです。

 

 

また、ホルモンバランスが乱れてしまうと体にとってはさまざまな影響が出てしまいます。抜け毛などもホルモンの影響を受けることにもなりますが、それ以外にも、男性の場合には筋肉やたんぱく質を作り出す機能なども働きが鈍くなり、体のだるさなどの一つの要因になります。

 

 

うつの症状が出てしまうと「仕事をしたくない」「集中力の欠如」「積極的に行動をすることができない」など生活に支障が出る状況になりかねません。

 

また、精神面においても不安定な状況が続き「イライラしたり」「他人と接するのが疲れる」「会いたくないなど人とのコミュニケーションなどにも影響が出てしまう」ことがあります。

 

また、プロペシアの副作用として精力の減退などがあります。これもうつの症状になりやすい原因になることがあります。

 

 

うつの症状が悪化してしまうことで、生活がまともに出来ない状況になる前に、医療機関で治療を受けることも大切です。うつは放置していると悪化してしまう可能性もあり、症状によっては、薄毛に悩むよりも大変な場合もあります。
うつを発症した場合には、精神面のケア、医療機関での治療をできるだけ早めに行い、悪化を防ぐようにしましょう。

また、プロペシアが原因となるならば、薄毛の治療をすることも大切ではありますが、服用を控えることを考慮するということも必要です。薬を服用するということは、副作用などに関してもある程度の理解をしておくこと、また、自分の体の状態などもよく考えて服用を続けるか、それとも服用を控えるかを決めることも大切なことです。"

関連ページ

プロペシア@副作用の発生率は高いのか?
プロペシアには、いろいろな副作用が出る可能性があると言われていますが、副作用の発生率は高いのでしょうか?AGA・薄毛治療の効果は高いけれど、副作用の危険性も高ければ使用することはできませんね。こちらのページでは、プロペシアの副作用の発生率について解説しています。
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのか?
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのでしょうか?お酒を飲む方や脂肪肝の方は不安ですよね?健康診断などで肝臓の数値(GPT・GOT・γ-GTPなど)の悪い方でプロペシアを服用しようと考えいる方は注意が必要です。
プロペシアで初期脱毛は起こるのか?その真実は?
プロペシアの副作用として初期脱毛を心配している方が多いようですが、本当に初期脱毛は起こるのでしょうか?また初期脱毛は心配するべきことなのでしょうか?こちらのページではプロペシアの副作用の中で初期脱毛について解説しています。
プロペシアの副作用@勃起不全はあるの?精子減少や射精障害は?
プロペシアで勃起不全になったり、精子減少、射精障害などの副作用が出たりしないのか、子供の欲しいカップルには申告な悩みですよね。こちらのサイトでは、男性機能に関するプロペシアの副作用について説明しています。
プロペシアと飲み合わせの悪い薬はあるの?@個人輸入は危険!
プロペシアとの見合わせの悪い薬はあるのでしょうか?現在、何らかの薬を服用している方であれば心配になることですよね。こちらのサイトでは、プロペシアの飲み合わせについて説明しています。より安心感を得たいのであればプロペシアを医師に処方してもらい相談することが一番です。個人輸入での購入は自己責任となるので注意しましょうね。
プロペシアの副作用で体毛が濃くなるの?薄くなるの?
プロペシアの副作用に「体毛が濃くなる」ということがあるのでしょうか?プロペシアはDHT(ジヒドロテステステロン)を作らせないようにする作用がありますが、体毛が濃くなるということはありません。男性ホルモンを抑制するのですから「体毛が薄くなる」ほうが適切なのかもしれないですね(笑)
ロペシアをやめた後も、生えた髪を維持することはできる?
プロペシアは治療後の髪の量を維持するために使いつづけるべきなのでしょうか?使い続けないとハゲてしまうのでしょうか?疑問に思うところですね。治療を始めた、どこで辞めてもよいのかをしっかりと判断するために理解しておきますようね。
プロペシアの危険性@アレルギーで顔に湿疹ができる?
プロペシアの副作用にアレルギーはあるのでしょうか?副作用の主なものに肝機能障害があります。性欲減退などもそうですね。顔にできる蕁麻疹や湿疹はアレルギーによるものですが、確率的には高くはありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ