プロペシア やめた後

プロペシアは治療後の髪の量を維持するために使いつづけるべき

プロペシアは、男性型脱毛症の治療薬として医療機関で処方される薬です。男性型脱毛症は、男性に多い脱毛症の種類で頭頂部と生え際が薄くなるのが特徴の薄毛です。

 

男性型脱毛症はこれまで育毛剤を付けたりマッサージをするくらいしか対処法がありませんでしたが、男性型脱毛症の治療を医療機関で行うようになってからは飛躍的に薄毛を治療する効果がアップし、薄毛に悩まされる男性が減少しました。

 

 

男性型脱毛症はAGAとも呼ばれ、多くの皮膚科や美容外科、発毛専門のクリニックで治療を受けることが出来ます。
プロペシアに含まれるフィナステリドという成分は、男性の薄毛を進行させる男性ホルモンの一種をブロックする働きがあるため、毎日服用することで薄毛の原因である男性ホルモンの働きを抑制し、薄毛を防ぐ働きが期待できます。

 

 

プロペシアを使った治療はすぐに効果が出るというよりも、数か月から数年単位で行われるのが一般的です。
そのため、すぐに効果があらわれなくても治療を中止する必要はなく、医師の診察や指導の下で薬を服用する必要があります。

 

 

数か月から数年単位で薬を服用することで、男性ホルモンの働きが抑制され、薄毛の進行を食い止めたり抜け毛を防ぐことが出来ます。プロペシアの服用をやめた後に髪を維持できるかどうかについては、服用をやめれば男性ホルモンの働きがもどりますので薄毛は進行しますが、すぐに生えた髪の毛が抜けることはありません。

 

 

そのため、髪の毛を増やしていくにはプロペシアを飲み続ける必要がありますが、やめた後に直ちに毛が薄くなるわけではない点は知っておく必要があります。

 

プロペシアは医療機関で処方を受けることが出来ますが、以前よりも最近では安い価格で薬を処方してもらえる医療機関が増えています。

 

予算があまりないという方はジェネリックを希望するとよりリーズナブルに治療をすることが出来ますので、医療機関に相談してみてはいかがでしょうか。"

関連ページ

プロペシア@副作用の発生率は高いのか?
プロペシアには、いろいろな副作用が出る可能性があると言われていますが、副作用の発生率は高いのでしょうか?AGA・薄毛治療の効果は高いけれど、副作用の危険性も高ければ使用することはできませんね。こちらのページでは、プロペシアの副作用の発生率について解説しています。
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのか?
プロペシアの副作用で肝機能障害の確率は高いのでしょうか?お酒を飲む方や脂肪肝の方は不安ですよね?健康診断などで肝臓の数値(GPT・GOT・γ-GTPなど)の悪い方でプロペシアを服用しようと考えいる方は注意が必要です。
プロペシアで初期脱毛は起こるのか?その真実は?
プロペシアの副作用として初期脱毛を心配している方が多いようですが、本当に初期脱毛は起こるのでしょうか?また初期脱毛は心配するべきことなのでしょうか?こちらのページではプロペシアの副作用の中で初期脱毛について解説しています。
プロペシアとうつの関係@副作用はホルモンバランスの乱れから
プロペシアの副作用で「うつ」になるのでしょうか?プロペシアは男性ホルモンの働きを抑制する作用がありますが、このことが原因でホルモンバランスが乱れ、「うつ」の症状がでる方がいます。プロペシアは医師の指導に基づいて服用していれば副作用の出る可能性は低いです。
プロペシアの副作用@勃起不全はあるの?精子減少や射精障害は?
プロペシアで勃起不全になったり、精子減少、射精障害などの副作用が出たりしないのか、子供の欲しいカップルには申告な悩みですよね。こちらのサイトでは、男性機能に関するプロペシアの副作用について説明しています。
プロペシアと飲み合わせの悪い薬はあるの?@個人輸入は危険!
プロペシアとの見合わせの悪い薬はあるのでしょうか?現在、何らかの薬を服用している方であれば心配になることですよね。こちらのサイトでは、プロペシアの飲み合わせについて説明しています。より安心感を得たいのであればプロペシアを医師に処方してもらい相談することが一番です。個人輸入での購入は自己責任となるので注意しましょうね。
プロペシアの副作用で体毛が濃くなるの?薄くなるの?
プロペシアの副作用に「体毛が濃くなる」ということがあるのでしょうか?プロペシアはDHT(ジヒドロテステステロン)を作らせないようにする作用がありますが、体毛が濃くなるということはありません。男性ホルモンを抑制するのですから「体毛が薄くなる」ほうが適切なのかもしれないですね(笑)
プロペシアの危険性@アレルギーで顔に湿疹ができる?
プロペシアの副作用にアレルギーはあるのでしょうか?副作用の主なものに肝機能障害があります。性欲減退などもそうですね。顔にできる蕁麻疹や湿疹はアレルギーによるものですが、確率的には高くはありません。

ホーム RSS購読 サイトマップ